お金は働きもの💕

年金はあてになるの?貯金の利息はほぼ0円。 パートタイムで働く普通のおばさんがやってるお金の話です。過去の経験、今やってること、それから、お金とは関係ない、ちょっとした、出来ごとを お伝えします

86話 🐥 バングラデシュの成長企業 ④ 電力

 

私達が住む日本は、電力不足と言わてますが、めったに、停電は、発生しません。

 

バングラデシュは、首都ダッカでも、しばしば停電が発生します。

電力不足の上、国の大切な行事があると、市民には、電気を供給せずに、国の行事を優先にしています。そうなると、電気を使う工場などは、とても困るそうです。

また、送電時の漏電ロスも問題になっています。

安定的なエネルギー供給のために 全国で変電所建設や送電線改善の事業が実施されています。

 

f:id:diving11874tan:20190818082456j:image

バングラデシュの成長企業から

 

バングラデシュのインフラ開発を推進しているのが【Summit Group】です。

 

【Summit Group】には、電力、港湾、海運、通信などの関連企業があります。

 

上質なチョコレートで作ったグルテンフリーの【ガトーショコラ】

 

バングラデシュの国全体の電化率は、62%に過ぎません。電力インフラは、またまだ不十分です。残渣などを 利用して火をおこしている世帯も多いです。

最近では、ダッカから離れた 電力の届かない 農村では、ソーラーパネルが普及しています。日本の京セラ製のソーラーパネルが壊れにくく、質が良いと使用されています。(ソーラパネルについては 75話🐥を参照)

 

バングラデシュの発電事業は国と民間の電力会社が担っています。

 

送電、配電、販売事業は、政府規制が強く、主に国営電力会社が行っています。

【Summit Group】の電気も全て政府に販売しています。

 

【Summit Group】は、国内電力需要の20%を賄うという使命に基づいて、バングラデシュの農村と経済の発展のために【停電しない質の高い電気の供給】を行おうと、発電能力の拡大と維持に努めています。

 

以下、【Summit Group】の会長アジズ.カーンさんのお言葉です。

【政治不安はバングラデシュ最大のハンデ、この解消こそがバングラデシュを発展に導く】

 

【Summit Group】は、1万メガワットの電力を供給すればバングラデシュの経済は豊かになると信じて設備投資を、増やしています。

ですが、政治不安がバングラデシュのハンデです。

バングラデシュBNPバングラデシュ民族主義党)とアワミ連盟の2大政党により、政権が続いています。

両政党による激しい政治対立が、ストライキ(ホルタル)(ホルタルについては81話 🐥 参照)を多発させています。

【Summit Group】はインフラ開発に長く携わって来ました。

バングラデシュでは、全てのインフラ開発に政治が、関係するため、常に政府の担当者とインフラ問題を語り合い、実行してきました。

その一方で、政治の不安定さが停滞をもたらしています。

政治家同士が、もっと仲良くなる環境を作って、ビジネスマンと企業を支援して欲しいと願います。

 

👩🏻 【政治家同士が仲良くなる】、日本の政治家の偉い先生達も、お互いの あら探しばかりが目につくような気がします。

 

バングラデシュでは、依然、人口の半分の失業者が、います。彼らが働けば、さらに経済発展が期待でき、貧困を無くし、みんなが豊かになることができます。

先進国入りさえできるでしょう。

と【Summit Group】の会長アジズ.カーンさん。

 

 

バングラデシュは政治が不安定にもかかわらず、年率6%の経済成長を維持しています。

今、バングラデシュに、必要なのは、バングラデシュを、国外に、アピールする、ブランドだと言われています。

外国のどの新聞やニュースを見ても、バングラデシュに対する評価は、【政情不安】です。【政情不安】が一掃できれば、バングラデシュブランド力は、向上して、外国からの 投資が入り、経済成長が、さらに押し上げられると期待されています。

 

【政情不安】が足を引っ張っていることに、バングラデシュの 皆さんが早くて気づいて欲しいと思います。

 

85話 🐥 バングラデシュの成長企業 ③ 殺虫剤

 

 

バングラデシュの深刻な問題の1つは、蚊や ゴキブリなどを媒介して広がるマラリアやテング熱などの感染症です。

 

家庭用殺虫剤は、販売されてますが、殺虫剤の原料の多くは、輸入をしています。

 

日本からも、原材料のみを輸出してる会社があります。

現在、日本製品バングラデシュ市場に投入されてませんが、日本製品は、信頼性が高く、多少高価でも十分な競争力が見込めると言われています。

 

ですが、バングラデシュの 蚊やゴキブリの種類は、日本と異なるため、OEM製品の開発が必要です。

OEM製品は 他の企業に製造を お願いして、製品に 自社のブランドをのせて販売する方法です。製品の製造をまかせられるので、新しい製品の開発に集中し、事業を拡大することができます。)

 

バングラデシュの殺虫剤使用量の80%が農業用途(稲の害虫対策)として使用されています。

20%が家庭用です。

バングラデシュでは農薬による健康被害への安全意識が高まっています。

また、所得上昇に伴って、家庭用殺虫剤の急速な増加が予想されます。

このようなことから、日本製品の市場シェア獲得は、期待出来るんじゃないかと 言われてます。

 

家庭用殺虫剤で、トップシェアのコングロマリットが【ACI Limited】です。

 

f:id:diving11874tan:20190817132902j:image

バングラデシュの成長企業から

 

【ACI Limited】は、イギリスに拠点を置く 多国籍企業【Imperial Cenical Industries】の子会社です。

 

【ACI Limited】は、業務基準を守り、 バングラデシュ初の ISO9001認証、また、環境ISO14001認証を、得ています。

 

 

【ACI Limited】は医薬品、動物保険、アグリビジネスなど、事業多角化を成功させてます。

 

医薬事業は、クリーム剤や、軟膏、錠剤など、387種類を超える薬品の製造販売と、癌治療薬などを、英国やベルギーから、輸入販売をしています。

 

また、消費者向けの家庭用品、日用品事業を行い、殺虫スプレー、香取線香、石鹸などのブランド製品を揃えています。

AIGブランドと言えば バングラデシュの誰もが Savlonブランドを思い浮かべるほど、外傷薬を中心とするサブロン抗菌シリーズや、蚊やゴキブリ退治をするスプレーで有名です。

 

【ACI Limited】は、全国各地で、臨床ミーティング、ヘルスケア啓蒙プログラム、医師を対象にした会議を主催し、安全で良質な製品を 追い続けて啓蒙活動に尽力してます。

 

2014年9月の安倍総理大臣がバングラデシュの訪問後、アパレルや皮革などの分野で日本とバングラデシュ間のビジネスが盛んに行われれるようになりました。

 

気づけば、私が、来てる服も、バングラデシュ製がふえました。

 

 

【ACI Limited】も、日本企業と、協働したいと、願っているそうです。

 

 

日本とバングラデシュは、今後、どうなっいくのでしょう〜。✨

 

 

簡単、新鮮、おいしい炭酸水【ソーダストリーム公式サイト】

 

84話 🐥 バングラデシュ企業株 ETFを少し買ってみました。

 

 

アメリカの長期金利低下が理由なのでしょうか?

ドル 離れが 続いてるようですね。

 

今(8月15日18:00)の為替レートで、1ドル105.89円ほどです。

 

これから、さらに、円高ドル安が続くのでしょうか?

 

せっかく、円高ドル安になってきましたので

以前から 気になっていたバングラデシュETFを、少し買ってみました。

 

先に言っておきます。😆

バングラデシュETFを買って、失敗したかも? と思っています。

理由を、以下に記載します。

 

 

【Xトラッカーズ MSCI バングラデシュ スワップ UCITS】

という長い名前の株式の商品を少し 買いました。

 

この商品の主な会社は

バングラデシュ1位の製薬会社

   SQUARE PHARMACEUTICALS ORD 

f:id:diving11874tan:20190815183510j:image

f:id:diving11874tan:20190815183758j:image

バングラデシュの成長企業から

 

バングラデシュ2位の製薬会社

   BEXIMCO PHARMACEUTICALS ORD

 

◯それからマイクロクレジットノーベル賞を取った ムハマド・ ユヌスさん 率いる グラミン銀行で 有名なグラミン.コミュニケーション ファミリーの

  GRAMEEN PHONE ORD

 

などです。

 

楽天証券で購入しました。

楽天証券で扱っている、バングラデシュの商品は、私が見た限り この1商品だけでした。

この商品は、シンガポール市場で、USドル建てで、購入をします。

 

8月15日14:00 現在で   1USドル106.16円

【1株  0.972ドル(103.19円)(価格は株価と為替で変動します)で10株から購入ができるはずでした。】

 

【手数料は、1.08%だと 思ってました。】

 

試しに、50株を購入しようとしましたが、注文が出来ません。

そして、40株、30株、20株と減らしてみましたが、注文出来ません。

10株まで減らしたところで、やっと注文、購入ができました。

そして、10株を 3回買って30株を買ったあとに 異変を感じました。

 

1株は0.972ドル103.19円です。

10株で1031円です。

手数料は 1.08%なので

1031円 × 0.0108 = 11円

11× 3回 = 33円

 

手数料は 33円の はずです。

 

あれ?

残高をみると、1500円以上、手数料が取られているみたい〜?

 33円 が手数料じゃないの〜?

 

慌てて、手数料について説明書を みてみました。

手数料は1.08%【最低手数料は540円】と書いてありました。

 

やってしまいました。😓

 

明らかに私の見落としです。

 

でも、酷いと思います。

 

10株(1,031円)づつしか買えなくて、しかも手数料を1回購入ごとに540円も取るなんて。

購入代金の 半分以上、が手数料です。

 

バングラデシュETFで30株で 3,093円

手数料 1,620円

合    計 4,713円  を使ってしまいました。

逆に言えば、4,713円で 済んで、良かったです。

 

 

バングラデシュは、急速に 発展してるとはいえ、信用面ではまだまだです。

普通に考えて そんな国に 怖くて投資する気にはならないと、思います。

ですが、日本もそんな時代があって、高度経済成長がありました。

そして今があります。

 

バングラデシュは今、高度経済成長をしてる時期とも、高度経済成長を " ピョ〜〜ン " と通りこそうとしてる(リープフログ現象)とも、言われています。

 

そんな、バングラデシュが、どう成長していくか、私はとても楽しみです。

 

そんなわけで、円高もあり、少ない金額から購入でしることもあって、ちょっとだけバングラデシュETFを買ってみました。

 

 

買って失敗したかも? と思っています。😥

とりあえず、ほおっておいてみます。

 

おそらく、バングラデシュETFの、手数料や購入の仕方が、改善されるまでは、買い足しは、やらないです〜。

 

ですが、失敗は成功のもとです。

 

気になっていたものを、少し買ってみて、知れて 良かったのかもしれません〜。✌️

 

 

8月17日(早朝)

どう考えても、10株ずつの注文のみは、おかしいと思い、注文の練習をしてみました。(購入はしていません)

20株も、30株も、50株も注文できるようです。

私のやり方が、間違えていたんだと思います。

 

手数料については、1.08%(最低540円)がかかります。

5万円以上 (現在でしたら 約520株以上)を購入すれば、手数料を多く取られることは、なさそうです。

 

気持ちがころっと、かわりました。

もっと安くなった時に、買ってみたいと思います。💕

 

 

83話 🐥 バングラデシュの成長企業 ② 清涼飲料水

 

 

少し前まで、バングラデシュは、アジアの最貧困と言われてました。

 

そんなバングラデシュは、どんとん急成長を続けています。

近ごろでは、これからは、良きビジネスパートナーとして、お互いに、成長していく、国だと、言われるようにも なりました。

 

 

世界中で飲まれている、清涼飲料水。

大好きな人も、多いと思います。

 

バングラデシュでは、

清涼飲料水の市場が、毎年15%〜20%の増加を続けています。

バングラデシュで流通している、主な飲料水は、炭酸飲料、ジュース、フレーバードリンク、エナジードリンクです。

エナジードリンクは比較的 最近 売り出されたようです。

バングラデシュでは、ペプシが古くからのブランドのひとつで、人気があります。

 

重要なメーカーは【アブドゥル・モネム社】です。

【アブドゥル・モネム社】は、コカコーラ、スプライト、ファンタとライセンス契約をむすんでいます。

 

ローカルブランド清涼飲料水を生産していて有名なのが

【アグリカルチャー・マーケティング】や【アキジ・グループ】などです。

早くから進出している 海外ブランドもあります。

輸入量は、増加傾向にあります。

 

飲料水の現地価格は、コカコーラ(2リットル)約170円、ペプシは、(500ミリリットル)で約50円ほどです。

 

熱帯性気候のバングラデシュの飲料水の重要が高いにもかかわらず、清涼飲料水を手がける企業は いまだ、少なく、商品の種類も少ないのが現状です。

清涼飲料水は、低所得層には、高価なものでなかなか口にすることは出来ませんでしたが、中所得層の増加に伴い、今後、高品質商品への重要も高まることが予想されています。

エナジードリンクにつぐ商品として、スポーツドリンクが注目されています。

 

 

世界中で飲まれている コカコーラとライセンス契約を結んでいる【アブドゥル・モネム社】についてです。

【アブドゥル・モネム社】は、【モネムグループ】(モネムグループは、5人で始めた建設会社から大きく成長しました)の一社です。

アイスクリームを製造して全国に販売をしています。

 

バングラデシュ成長企業から

f:id:diving11874tan:20190814141056j:image

 

とても美味しい、大人気のアイスクリームだそうです。

 

 

 

1982年からコカコーラ、スプライト、ファンタの瓶詰権を取得し事業を拡大しています。

 

また、冷凍食品、ポテトなどのスナック菓子を製造販売をしたり、高級砂糖を製糖し、ヨーロッパなどへ輸出をしています。

 

 

【モネムグループ】は、事業だけでなく、バングラデシュの経済、社会、環境の持続的な進歩と繁栄に 貢献をしています。

【アブドゥル・モネム・ファンデイション】を設立して、教育、医療などの分野で、積極的に活動を行なっています。

例えば、大学用の土地を寄付したり、孤児院を経営したり、大洪水の災害時には、被害者の救済を行なってる、とても、立派な会社です。

 

 

 

投資家で、誰もが尊敬する、大金持ちの ウォーレンバフェットさんは、大好きな、コカコーラの株を買って、ずっーと長〜く 持ち続けて、大金持ちになったのは有名な話です。

バフェットさんは、簡単で、分かりやすくて、誰もが、ずっーと、必要とする、企業が成長し続けると、言ってます。

 

私も、清涼飲料水は、ず〜 っと、大好きです。

人口甘味料など、体に良くないものも、入ってたりするで、飲みすぎはいけませんが、、、。😣

 

 

🌺出来事 53 少しだけウナギが食べたいときには

 

テッポウゆりが 咲きました。

f:id:diving11874tan:20190811142713j:image

テッポウゆりは、種が落ちると、地面に根がついて、どんどん増えていきます。

香りもキツくないので、家の中に飾るのには、もってこいです。

f:id:diving11874tan:20190811142730j:image

 

 

今日は、窓を開けると、昼間でも 涼しい風が入ってきて過ごしやすい一日でした。

 

ついこないだまで、24時間、猛烈に暑い日が続きました。

 

暑い夏は、食欲が落ちるので、できるだけ栄養のあるものを取りたいところです。

夏に食べる栄養のある食べものとして 思い浮かぶのが【うなぎ】です。

 

私は、【うなぎ】は、あまり、得意ではありません。

 

高いお金を払って、【うなぎ】だけを 食べに行きたいとは思わないです。

 

ですが、知り合いに

『美味しい【うなぎ】を食べて、元気がでたよ〜、肌がプルプルになったよ〜! 』

と聞くと、少しだけ、食べてみたくなったりします。

 

そして、暑い夏に、安い【うなぎ】を少し 食べに、

たまに、回転寿司の【かっぱ寿し】に行きます。

 

今日も行ってきました〜。

 

f:id:diving11874tan:20190811141658j:image

うなぎの 1カンはたれで、もう1カンは白焼きです。

一皿で、2種類の味が食べられます。

これで 302円(税込)です。

アブラが たっぷりのっていて、食べた 瞬間から肌が生きかえった、気になります。

(あくまでも私の気の持ちようですが、、。)

身もやわらかいです。

酢飯に合います。

 


f:id:diving11874tan:20190811141702j:image

バフンうに の軍艦です。

これも302円(税込)です。

トロッとしていて 美味しいです。

 

他に、アジや、生シラスの軍艦、鯛、エビの天ぷら、いちごの練乳かき氷 などを 母と分けて食べました。

 

 

私は これで、大満足です。

 

1つのものを沢山食べるより、いろんな物が少しずつ 食べられて、安い 回転寿司のようなお店は、私には、とても、有り難いです。

 

ところで、

ウナギは 夏が、旬だと 思っていましたが、違ってました。

ウナギは、5月頃から獲れ始めて、冬眠に入る12月には漁が終了します。

 

秋から冬にかけてがもっとも美味しい 旬の時期です。

 

 

 

水温が下がり始める10月頃から 冬眠に備えて栄養を蓄えるのでアブラがたっぷりのります。

夏のウナギは、まだ、アブラが 少なく、旬ではありません。

 

暑い夏にウナギを食べるようになったのは、

江戸時代のころ、夏の暑さで 人の食欲が落ちてしまい、夏場はウナギの売り上げは、落ち込んでいました。

ウナギ屋さんから 相談を受けた 平賀源内さんという人が、『本日、土用の丑の日』と書いて張り紙をしたところ大繁盛しました。

それから、ウナギはスタミナ食として知られるようになりました。

ウナギを 夏に食べるのは理にかなっているのです。
 
旬の美味しいウナギの特徴です。
旬のウナギは たっぷりアブラがのっていますが、アッサリしていてアブラくどさを感じません。

天然ウナギは養殖物と比べて運動量が多いので、身に適度な弾力があって、小骨もやわらかくて気になりません。ただし、ウナギの育った河川によって味は微妙に違います。

 

 

ウナギの旬は、秋から冬にかけてなのですね。

アブラのたっぷりのった 旬のウナギを 少し、食べてみたいです。

 

 

ウナギを食べて、今日も草取りをしました。

 

以前は、あまり、草取りはしませんでしたが、父が亡くなってからは、梅雨から夏の間の 休日は、ほとんど、母と、草取りです。

取っても取っても伸びてきます。

草取りのあとは 数日、足も腰も痛くて、腰が曲がって戻らなくなりそうで怖いです。

疲れも あります。

疲れが無くなったころに、また草が伸びています。

草取りは、私には、しんどいです。

母は慣れていて 全く疲れないようです。

 

草取りに欠かせないのが、これです。

                                     ↓↓↓

f:id:diving11874tan:20190811172033j:image

日除け効果抜群です。顔の前は網に覆われて虫にさされにくいですが、見えにくいです。たまに蚊が入ってきます。網に沢山の蚊がへばりついて、気持ち悪いときもあります。

難点もありますが、草取りには、必需品です。

 

値段が 安くて、草だけを見分けて根っこごと取ってくれる機械があるといいな〜。

 

82話 🐥 バングラデシュの成長企業 ① 不動産

 

日本の人口は、約1億2622万人です。

 

バングラデシュの人口は、

日本の4分の1の面積に

1億6000万人以上の人々が生活をしています。

バングラデシュ人の平均年齢は20代前半です。

若い良質な労働力が毎年100万人単位でどんどん増加しています。

 

1971年の独立戦争後、日本は、一番最初にバングラデシュを独立国として、認めて、バングラデシュの発展のために、沢山 支援をしてきました。

そのような理由で、バングラデシュの人は、日本人に とても感謝をしています。

バングラデシュ親日国です。

 

近年の バングラデシュは、毎年、6%〜7%の経済成長を続けています。

2015年に 世界銀行が中所得国に認定をしました。

 

これからは、バングラデシュを支援していくのではなく、

バングラデシュは、日本の 良きビジネスパートナーとして、助け合い、お互いに、成長していく、国だと、言われています。

 

 

この本を 見てみました。

f:id:diving11874tan:20190810153151j:image

バングラデシュの沢山の成長企業と経営者の声が書いてあります。

 

この本で、気になったところを 数回に分けて書いていこうと思います。

 

世界有数の人口密度を誇るバングラデシュの首都 ダッカは、農村からの 人口流入と外国人の増加により、年々人口が 増え続けています。

人口の急増と ともに、ダッカ市内の地価も上昇しています。

大手デベロッパーがダッカ郊外で不動産開発を進めていますが、当分、需要が供給に追いつくには至らないと予測されています。

 

f:id:diving11874tan:20190810160348j:image

 

バングラデシュは他の国とは異なり、バングラデシュに会社を持てば、外国人でも 土地所有が可能です。

土地売却益を日本に送金することも可能です。

ですが、不動産売却益に対して、35〜37%もの課税がされたり、海外送金手続きが煩雑なことも念頭に置かないといけません。

今後、数年は、高い経済成長率が続き、ダッカ市内や近郊の不動産価格の上昇が続くと予想されています。

 

現在は、日本からの不動産投資も、見られていますが、中国や韓国は、日本を上回る活発な投資が行われいるようです。

 

ダッカ郊外で不動産開発を進めている大手デベロッパーでバングラデシュの不動産市場を牽引してるのが【ボシュンドラグループ】です。

【ボシュンドラグループ】はセメントビジネスでも有名な会社です。

 

【ボシュンドラグループ】の社長アフメド、アクバル、ソバンさんは、これから増えていくと予測される 中間層の住宅不足に目をつけ、不動産事業を立ち上げ、銀行マン、医者、ビジネスマンを対象に土地分譲を始めました。

ですが、当初、買い手は誰もいませんでした。

極端に 海抜の低い土地で洪水の懸念があるとなど、言われ続けてました。

そんな逆境でも 目標をかえず、営業を続け、やっと、1人の銀行員の友だちが 土地を、買ってくれました。

それ以降は、【ボシュンドラ ブランドの土地】をもつことが、バングラデシュ中流階級の夢とステイタスシンボルになっていきました。

現在は、住宅地以外にも複合商業施設や発電所、飲食事業など、さまざまな開発案件が有望領域にあり、今後も、発展すると言われています。

 

 

ですが、バングラデシュ政府の銀行貸出規制は

不動産業界に多大な影響を与えています。

政府は、バブルを懸念し、引き締めに転じていると考えられています。

2015年には、不動産市場が悪化した 時期もありました。

政府には、貸出規制と緩和のバランスをとって欲しいものです。

 

 

 

【ボシュンドラグループ】の社長 アフメド、アクバル、ソバンさんの声です。

バングラデシュビジネスは、政府官僚との関係維持が重要であり、こうしたことを汚職と見なす西欧社会のビジネスとは、異なる点があります。

私は、政府は別だと考えています。「いかなる政党とも一線を画す」これが企業を発展させた成功の秘訣だと確信してます。

ビジネスを進める上で重要なことは【自信、品質、迅速な意思決定】の三要素である。

私はこれまで成功すると見込まれた事業だけに投資をしてきました。

信頼できる専門家を雇い、彼らから知識と経験を得ることで、【ボシュンドラグループ】をバングラデシュ最大の会社に育ててきました。

ハードワークの連続ですが、良好な意思疎通、ビジネス上のモラル遵守、成功への情熱を持ち続け、30社を抱える、巨大企業グループのトップに立つことができました。

【ボシュンドラグループ】の強さと、競争力は、私の理念と、それを理解し、互いに信頼し合う同僚から生まれています。

私の企業家精神のもとに生まれた不動産業が、バングラデシュの経済成長を牽引し、また、多くの若き企業家を刺激し成功者を誕生させていることを嬉しく思っています。

 

と、【ボシュンドラグループ】の社長アフメド、アクバル、ソバンさん。

 

出来上がった、日本で会社をもつのと、これからどんどん発展していくバングラデシュで会社を持つのとでは、違うのでしょうが、私には、真似は、できません。

 

ですが、成功して、活躍をしてる社長さんの 声は、私みたいな下々でも、刺激になります。

 

一瞬だけでも

『がんばるぞ〜!!』

気にさせてくれます。

 

◆THE BODY SHOP◆
イギリスの自然派化粧品ブランド 【THE BODY SHOP】

きれいをつくる、自然の暮らし【OrgaLife】

 

🌺 出来事 52 涼み

 

毎日、毎日、朝から晩まで暑いです。☀️

そろそろ、夜だけでも涼しくなって欲しいです。🎐

 

暑いとはいえ、エアコンが、苦手な私は、一日中、エアコンをガンガンつけていると、寒くて、切なくなります。そして、電気代も気になります。

 

せっかくの休日、暑い、家にいても、身体に良くありません。

少しでも、自然の空気で涼めたらと 思い、花貫渓谷へ出かけてみました。

 

花貫渓谷は、美しい紅葉で有名です。

紅葉の時期は、沢山の人と車で混み合います。

けして広くない くねくね山道を、行きも帰りも車の渋滞が続きます。

どんなに綺麗な紅葉が見れても、紅葉の時期は、行こうという気持ちにはなれないです。

 

花貫渓谷の駐車場から渓谷の水の音を聞きながら上り坂を歩きます。途中、落石注意などの看板があったり、樹に覆われて、薄暗いところや、廃墟のような家があったり、、、。

 

なんだか、薄気味悪いな〜。

 

上り坂を歩いていると、汗がダラダラ流れてきます。

暑いな〜。

 

キャンプをしてる人がいます。

楽しそう💕

 

駐車場から登り坂を約800m 歩いて、汐見滝吊り橋に到着しました。

 

 

わあ〜、素適! 💕

紅葉の時期ではありませんが、夏も 十分 綺麗な景色です。

吊り橋の奥は、木に覆われていて暗くて、少々、怖そうです。

f:id:diving11874tan:20190803210904j:image

f:id:diving11874tan:20190803210829j:image

 

 

吊り橋からは、汐見滝が望めます。

小さな滝ですが、元気よく水が流れいます。

f:id:diving11874tan:20190803210758j:image

 

 

吊り橋を渡って、振り向くと、

太陽に照らされた緑色が、とっても、綺麗です。💕

そして、涼しい〜🎐
f:id:diving11874tan:20190803210852j:image

 

 

下り坂を歩いて駐車場へ戻ります。

道の横を流れてる川の水は透明です。

下り坂は、涼しいです。🎐

f:id:diving11874tan:20190803210923j:image

 

 

駐車場の隣にある 不動の滝に行きます。

足元の悪い、獣道のような道を 少し歩きます。
f:id:diving11874tan:20190803210821j:image

 

不動の滝の看板です。

よく見ないとなんだか分かりません。
f:id:diving11874tan:20190803210811j:image

 

もうすぐ不動の滝です。
f:id:diving11874tan:20190803210747j:image

 

滝が見えました。

1mちょっとの段差から水が流れています。

小さな滝ですが、水は勢いよく流れています。

とても涼しいです。

おそらく、自然のまんまです。足元が悪く、気をつけないと、コケなどでツルンと滑りそうです。

f:id:diving11874tan:20190803210859j:image
f:id:diving11874tan:20190803210837j:image

f:id:diving11874tan:20190803210845j:image

 

夏の花貫渓谷は、上り坂は、汗をかき、

人が少なく、落石注意の看板が目について、樹に覆われて薄気味悪い、ところもありましたが、

吊り橋からの景色は綺麗で、水の流れや 樹蔭があって、涼して 心地良かったです。

キャンプをしてる人や、の〜んびり 犬と散歩をしてる人もいました。

 

家へ帰ると、やっぱり、暑いです〜。🌞