お金は働きもの?💕

年金はあてになるの?貯金の利息はほぼ0円。 パートタイムで働く普通のおばさんがやってるお金の話です。過去の経験、今やってること、それから、お金とは関係ない、ちょっとした、出来ごとを お伝えします

135話 ⭐️ 原子力発電が必要な理由と、頑張れ太陽光発電

 

 

今年は、寒さが厳しいです。

コロナで、窓を開けながら、暖房や加湿器、空気清浄機を、バンバンかけています。

2月分の電気やガスの 請求が、怖いですが、仕方ありません。皆んな一緒です。

 

 

電気やガスの発電と、いうと、原子力発電が 浮かびます。

 

 

原子力発電が必要な理由について、ちょっと書いてみました。

個人的には、他の発電 手段を 願ってますが、、、。

 

 

日本の電気やガスなどのエネルギーの、約9割は、輸入です。

 

日本の 電力供給の 約8割は、

石油や、石炭、天然ガスを燃やして、水を熱して、電気をつくる火力発電です。

今のところ、電力は、ほぼ、火力発電で、賄えているそうです。

 

火力発電で、エネルギーが、賄えるのに、どうして、放射線漏えいの危険のある原子力発電が必要なのか。

 

2011年の東日本大震災以降、原子力発電が、とても、恐れられているのに、なぜ、原子力発電をする方向なのか。

 

 

日本は、ほとんどの燃料を 海外の輸入に頼っています。

燃料を輸出する、国でトラブルがあると、エネルギーを確保することか困難になるという、脆弱性を抱えています。


そのため、特定のエネルギーだけではなく、再生可能なエネルギーを、バランスよく組み合わせるのが、重要です。

 

 

そのような、事情で、

原子力も、再生可能なエネルギーの1つとして、安全確保を大前提に 活用していくというのですが、、、。

 

 

どれだけの安全確保が、出来ているのか下々には、全くわかりません、、、。

 


原子力発電の燃料のウランも、

輸入をしていますが、
少ない量で大量の発電ができるため、燃料の輸送や貯蔵が、容易です。

そして、リサイクルができます。

原子力発電所で使い終わった燃料の

約95%は、再処理をすれば、再び利用することができます。

原子力は、準国産エネルギーとして資源の少ない日本のエネルギーの安定供給を強化することができて、燃料をリサイクルすることで、廃棄物の低減にもつながるという利点があるということです。

 

 

おっしゃること、わかるのですが、

 

福島の原発のこともあります。

(何かに、福島原発事故の知られてない事実について、放射線が危険だと、避難をし、避難先で、不自由な生活をして、心労で、亡くなった人が沢山いる。亡くなった人たちは、直接 放射線が、原因では、なく、心労によるもの。と書いてありましたが、、、。)

これからも、どんな、甚大な災害が、あるか、わかりません。

やっぱり、原子力発電は、怖いです。

 

 

もっと、安全で安心できるもので、

エネルギーを賄って、欲しいと、願っています。

 

 

そんな中、

今、、太陽光発電を、国を挙げて進めています。

 

車で走っていると、あちこちで、太陽光発電のパネルを見かけます。

 

太陽光発電、どれぐらい、進んでいくか?

性能がアップして、小型化していくのか?

とても、期待をしています。☀️☀️☀️☀️☀️

 

頑張れ!

太陽光電!🌞

 

 

 

 

 

先日、業務用スーパーで買った、

エッグタルト4個入

418円(値段を見ないで買ってしまいました。見た目より、高く感じます。)

f:id:diving11874tan:20210116093309j:image

 

 

予熱をした、トースター120度で、12分加熱して、

f:id:diving11874tan:20210116093317j:image

f:id:diving11874tan:20210116104341j:image

 

 

出来上がり、

f:id:diving11874tan:20210116093323j:image

パイ生地の外は サクサク中は シットリです。

手作り風で、優しい味でした。

まあまあ、です。

 

🌺出来事147 業務用スーパーの『リッチチーズケーキ』が美味しい

 

f:id:diving11874tan:20210111090320j:image

 

 

久しぶりに、業務用スーパーで、買い物をしました〜。

業務用スーパーは、普通のスーパーでは、売ってない、変わった食品が、あって、見てるだけで、楽しいです。

 

ですが、

 

今は、コロナ、のんびり、買い物をしていられません。

開店の9時に行って、さっさと、買い物を済ませました。

 

 

f:id:diving11874tan:20210111090505j:image

迷わず、バンバン、カゴに入れたので、要らないものまで、買ってしまいました〜。😓

 

が、

 

今日の買い物の目的のものも、ちゃんと買ってきました〜。

 

コレです!👋

 

 

リッチチーズケーキ!!🧀

f:id:diving11874tan:20210111090320j:image

250円ぐらい

 

 

コレが、と〜っても美味しいんです。

 

 

 

一緒に、業務用スーパーで買った、

クレープ屋さんの味に似てる、

あっさり、美味しい、

ホイップクリームを 絞って、いただきます。

 

 

f:id:diving11874tan:20210111091556j:image

200円ぐらい

 

 

 

では、では、

 

 

f:id:diving11874tan:20210111091957j:image

 

う〜〜ん!

と〜っても、美味しいです。

ホイップクリームを、もっと、た〜っぷり、絞った方が、断然、美味しいのですが、写真を撮るので、控えめにしました。

フルーツをのせたら、彩りもよく、さっぱりして、もっと、美味だろうな〜。

(今、出回ってる、イチゴなどのフルーツは、私の ハンノキ花粉症を悪化させるので、今の時期は、フルーツは、控えています。バナナだけは、食べていますが、、、。)

 

 

f:id:diving11874tan:20210111092651j:image

余計なものまで、買ってしまいましたが、

母と ゆっくり、食べようと思います。

 

 

久しぶりに、朝一に、業務用スーパーで、駆け足で買い物をしました。

ゆっくりできませんでしたが、珍しいものがあって、楽しくて、気分転換になりました。

 

コロナの中、

我慢も必要ですが、我慢ばかりでは、やっぱり、ストレスになります。

人混みの無い、場所や、時間を選んで、普段とは、違う、所に行ったり、物を見たりして、

少しでも、ウキウキ、ワクワクして、ストレスを溜めないようしています。

 

混んでいないだろう、と、行ってみたものの、人が、沢山いるときもあります。

そんな時は、中には、入らないで、帰ります。

 

車で、出かけた時は、いつもなら、途中、綺麗なレストランで、食事をしたりしてましたが、

コンビニで、飲み物やオニギリやお菓子を買って車の中で、食べたりするのも、安くて、美味しくて、楽しいものです。

 

コロナが、大変な事に なってますが、

感染防止対策を充分して、

ストレスを溜めない、

楽しい生活が、送れるように、

工夫して行きたいと、思います。

 

🌺 出来事146 涸沼自然公園

f:id:diving11874tan:20210110195007j:image

イト トンボ橋

 

すっかり、遠出を しなくなりました。

 

運動不足の解消や、気分転換のために、できるだけ 週に1度、天気の良い日に、近場の公園を、散歩しています。

 

 

週に1度の散歩、毎週、場所をかえても、何度か、同じところに、行くと、飽きてしまいます。

 

 

他に 広くて、気持ちよく、散歩が出来るところが、ないかな〜?

と、探してました。

 

なかなか、気に入ったところが、見つかりませんでしたが、

 

 

やっと、見つけました〜。

 


f:id:diving11874tan:20210110195053j:image

涸沼自然公園です!

 

 


f:id:diving11874tan:20210110195044j:image

入り口をはいると、

この、木の橋を、トントン、トントン、軽やかに、渡ります。

 

今、橋の下は、水が無いけれど、季節によって、一面緑色の 湿地帯になるのかな?

他の季節も、来たいな〜。

 


f:id:diving11874tan:20210110195119j:image

ずっと、寒い日が、続いてるけど、

今日は、天気が良くて、風もなくて、とっても、気持ちいい〜。

 


f:id:diving11874tan:20210110195128j:image

涸沼から流れている川かな?

透明で、綺麗です。

 


f:id:diving11874tan:20210110195109j:image

流れる音が、心地良い〜。

 


f:id:diving11874tan:20210110194954j:image

写真に、写ってませんが、所々の木の枝に、人が作った、巣箱が、ありました。

中に小鳥がいるのか、何がいるのか、見えませんでした。

ずっと、木の上の方を見てる人や、写真を撮っている人が、いたので、きっと、何か、生き物がいるんだな〜って、思いながら、

耳をすませると、

時々、

『トントン!、トントン!』

って、木を叩く、小さな音がします。

 

キツツキかな?

キツツキは、見たことないな〜。

見てみたな〜。

 

って、探してみたけれど、何も、見えませんでした。

 

木の上を眺めている人も、

写真を撮っている人も、

コロナのせいか、動物が逃げないように配慮してるのか、

静かに、上を眺めていました。

 

結局、何がいたのか、わからず、諦めて、

先へ、歩きました。

 


f:id:diving11874tan:20210110195138j:image

イトトンボ橋です。

細くて、赤い イトトンボのような橋です。

イトトンボ、最近、見ないけれど、

子供の頃、家の庭に沢山いたのを 思い出します。

 

なんだか、ジブリの映画の世界にいるみたい〜。

 


f:id:diving11874tan:20210110195101j:image

イトトンボ橋を渡りました。

結構、高くて、揺れます。

 

 

f:id:diving11874tan:20210111024218j:image

イト トンボ橋からの景色です。

 

 


f:id:diving11874tan:20210110195034j:image

涸沼自然公園は、春は、桜、梅雨には、アジサイが、楽しめるようです。

 

春も、梅雨も、是非、散策したいと思います。

  

 

とても、楽しい、気持ちの良い公園でした。

こんなに、良いところが、あったとは、知りませんでした〜。

コロナで、遠出が、できず、近場で、楽しめるところは、無いかと、探してしましたが、探せば、見つかるものです。

 

 

今日は、出だしが遅かったため、入り口付近、のみを、歩きました。

 

広い公園で、涸沼を眺められる展望広場など、もっと、 散策できるところが、あるようです。

次回は、午前中に行って、ぞんぶんに 散策しようと思います。

 


f:id:diving11874tan:20210110195023j:image

涸沼自然公園近くの涸沼です。

涸沼は、シジミが、有名です。

 

 


f:id:diving11874tan:20210110195016j:image

帰りに、まだ、食べてない、旬の干し芋を買いました。

これで、1,200円です。高いです。

干し芋は、まあまあ美味しいですが 、

高価な干し芋より、安価な焼き芋の方が私は、好みです。

時期のものは、身体によいので、とりあえず、食べておかないと、、、。

 

 

 

134話 ⭐️ 今年の資産運用 他を振り返ってみました。

f:id:diving11874tan:20201231073046j:image

 

 

2008年9月のリーマンショックの後ぐらいから投資を始めて、10年ちょっと、

コツコツ資産運用をしています。

 

 

リーマンショックで、世界の経済が、ドーン💥と、落ち込んでから、

上がり下がりしながら、ゆっくり、経済は、回復してきました。

 

ところが、

今年は、コロナの影響で、ズドン!と、落下しました。

ですが、

1年、経たないうちに、株価など、一気に、回復しました。

 

 

私は、細々と以下の資産運用を行っています。

投資信託

◯ 積立FX

◯ 金(売って、投資信託に移動したので、今は、ありませんが、、、。)

◯ プラチナ

それから、

バングラデシュ土地の購入に少し(私にとっては、大金です。)、仲間に入れて貰っています。

そして、

◯貯金

をしています。

 

 

私の資産運用の経験は、

リーマンショックの後の、悪い時期から始めて、少しずつ、回復をした時期のみでした。

今年の暴落と、回復は、今までにない、始めての経験でした。

 

 

今年の資産運用の暴落と回復を それぞれ振り返って、みました。

 

 

投資信託は、先進国、新興国、株、リート、債券、原油など、分散して、色んな商品を買ってます。

今年は、コロナの影響で、投資信託は、ズドン!と、下落しました。

コロナの影響もなく、値上がりをしてる、金を売り、貯金を下ろして、

売った 金のお金と、下ろした 貯金で、

下落をした、投資信託を買い足しました。

その後、投資信託は、一気に上昇しました。

12月に入り、

銘柄によっては、マイナスのものもありますが、

総合すると、プラス40%を超えてました。

 

下落は、乗り越えました。

いつか、また 大暴落がくることを、頭に入れておこうと思います。

 

 

たまたま、値上がりをしていた金で、タイミングよく、下がった、投資信託を買うことができました。

その後、下がった、投資信託は、あれよあれよと言う間に、値上がりました。

貯金も、いざという時に、とても大事だと、感じました。

色んな物に分散して投資することは、下がってるのもあれば、上がってるのも、あって、ダメなものを補い、助け合えるので、分散投資は、大事だと、改めて、思いました。

今後、このような事態が、いつ おこるか、わからないけれど、、、、。

ピンチを、小さなチャンスにするために、備えは、大事、と、思いました。

 

 

◯ 積立FXは、南アフリカランドレバレッジ 2倍で行なっています。

コロナの影響で、

一気に、預託保証率が、50%台まで下がり、一時は、大きなマイナスになりました。 

 

おそらく、今回の下落は、過去最安値を更新したと、思います。

 

こんなに速いスピードで、50%まで、下がるのでは、更に、下落が、加速して、ロスカットになってしまう?、と、怖くなりました。

南アフリカランドは、私の資産運用の中で、つぎ込んでいることも、あって、

とても、怖かったです。

1日だけ、脂汗がとまらず、眠れませんでした。

その後、冷静にどうするか、自分なりにルールを決めると、不安は、全くなくなりました。

 

そして、気づけば、一気に、上昇していました。

今日、12/31は、

97.9%まで、回復しました。

 

何ヶ月もの大暴落の間、

毎日、スワップ(毎日貰える利息)が、大きなマイナスを 少しずつ、プラスの方向に持ち上げくれていました。

スワップポイントには、とても感謝しています。

南アフリカランドの大暴落ともに、スワップポイントも、半分まで減りましたが、それでも、毎日、きちんと、入金されてました。

スワップポイントは、今、少しずつ、上がっています。 

 

そして、やっと、上がっている時の、対策を、考えられるようになりました。

(増えたお金で、更に投資すること)

 

これから、南アフリカランドが、上がり続けて、もし、預託保証率が120%を超えたら、120%を超えた、お金で、投資信託を買おうと、考えています。

南アフリカランドは、120%ぐらいで、運用できたらと、思っています。

(運用については、常に変化があって、突然、思いついたり、やっぱり、違うだの、私の考えは、コロコロ変わりますが、、。)

 

もし、また 南アフリカランドが下がって、最悪、ロスカット、近くにまで 下がった場合は、南アフリカランドの値上がり利益で買った投資信託を売って、マイナスを埋められたらと、考えています。

上手く行くか、わかりませんが、とりあえず、無駄なことでも、対策は、考えておこうと、今回の暴落を機会に思いました。

 

また、今回の暴落を経験して、レバレッジ2倍を超える運用は、私は、しては、いけないと、思いました。

ちなみに、SBI証券の 積立FXの 南アフリカランドは、レバレッジ2倍までの、運用設定になっています。

積立FXでなく、普通にFXをしていたら

おそらく、私は、レバレッジ3倍で、運用していたと思います。

レバレッジ3倍で、運用していたら、ロスカットで、大損していたかもしれません。

たまたま、SBI証券の積立FXを知り、南アフリカランドは、レバレッジ2倍までの設定だったため、私は、ロスカットに合わずに済んだと、思います。

 

過去の南アフリカランドの最安値を見て、自分なりに ロスカットの計算をして、レバレッジ2倍で、運用すれば、ロスカットの心配は、ないだろう、安心して放ったらかしにしてれば、スワップポイント(毎日貰える利息)と、多少上がれば、勝手にお金は、増えるはずと、思っていましたが、そんな考えは、甘かったです。

想定外の事態が起きてしまいました。

 

とりあえず、回復して、ホッと、してますが、

 

今後も、いつ、何が起こるかわかりません。

 

ほったらかしせず、たまに、南アフリカランドを眺めて、

大暴落の 対策を、考えて、行こうと、思っています。

 

 

 

バングラデシュの土地 購入に、少しだけ仲間に入れて貰ってます。(私にとっては、大金です。他の投資家さんからみれば、微々たるものでしょうが、、、。)

バングラデシュも、コロナの影響は、あります。そんな中、会社のスタッフさんたちが、ダッカの街の様子や、新たにバングラデシュに投資をする会社などの情報を知らせくれてます。その情報を見て、これから、バングラデシュが、どう変わって行くかな と、想像しながら、楽しんでいます。

 

今年の資産運用は、今までに経験したことのない、考えたこともないことが、起きました。

現実は、甘くないと、思いました。

そして、大暴落に恐れず、冷静に対応できるように、対策は、しておかないと、行けないと、思いました。

 

 

🍀 先日、

FACT FULNESSと いう本を読んで、

知りたかったことについて、書きました。

(133話 ⭐️参照)

 

f:id:diving11874tan:20201231085320j:image

 

FACT FULNESSには、

もう1つ、気になっていた、ビジネスについて、書いてありました。

 

 

お金持ちのことで、私には、関係ないと、思いましたが、興味深くて、

やっぱり、書いて、残して、おきたいと、思いました。

 

 

🍀 原価を切った価格で、売っても、儲かっている、スイスの小さな製薬会社について、です。🍀

 

 

ユニセフが、マラリアの薬を10年間契約で買い入れる、競争入札で、

原価を下回る あり得ない安い価格で

入札していた、スイスの田舎の小さな製薬会社の話です。

 

その製薬会社は、マラリアの薬を安く売って、他の薬で、儲けているのか?それとも、詐欺?って、想像しながら読んでました、、、、。

 

その小さな製薬会社は、

どの大手会社より、早く、ロボットを開発して、隅々まで自動化にしました。

『大手工場も、手工芸店みたいなもの。』

と言いきるぐらいなので、相当なオートメイトなんだろうと、思います。でも、オートメイトだけで、補える、レベルの赤字では、ありません。

 

薬の原材料を注文すると、月曜日に、届きます。

製造し、水曜日の午後には、1年分のマラリアの薬を発送します。

木曜日の、朝に、ユニセフに到着し、ユニセフが薬をチェックして、受領証にサインをすれば、その日のうちに、スイス銀行 チューリッヒの口座にお金が、振り込まれます。

原材料の仕入先への支払いは、30日後、ユニセフは、4日後に代金を支払ってくれます。口座に お金が眠っている26日間は、金利が稼げます。

と言うのです。

 

大きな赤字で売って、稼げる仕組みがあるなんて、凄いと、思いました。

 

ですが、大金と、言え、26日間、口座に眠らせただけで、そんなに、金利が稼げるのか?、不思議です。

 

 

間違えてるかもしれませんが、、、。自分なりに、こんな想像をしました。

 

スイス(チューリッヒ)の銀行と言えば、

日産自動車のゴーン前会長が日産の資金を私的に流用したとして逮捕され、その取調べを思い出します。

 

スイスの銀行と言えば、プライベートバンクと言う、富裕層向けのサービスを行う、銀行があります。

 

富裕層の多くは、スイス銀行に口座を持っています。

 

その理由は、

スイスは、EUに加盟しておらず、他国の情勢に左右される可能性は、低く、国の安定性が高いです。

 

スイスのプライベートバンクは銀行として投資や融資を行いません。なので、破綻や資産の目減りなどのリスクは、少ないです。

 

プライベートバンクは、資産をどのように運用していきたいかという 希望に応じて、細かい、運用が行われます。

金融資産に関するきめ細かいサポートが行われています。二代目、三代目と長年く付き合いを続ける富裕層が、沢山います。

 

なので、スイス銀行は、富裕層の資産運用や資産管理に適していると、言われています。

 

スイス銀行で口座を作るためには、5億円以上の 資産を預ける必要があります。そして、プライベートバンカーという、投資銀行家が、面談し、審査に通過しなければいけません。

 

全く、私とは、縁のない、現実離れをした、話ですが、夢のある現実の話です。

 

以前に、プライベートバンカーと言う本を読んだのを思い出しました。

野村証券で働いていた、証券マンが、野村証券の過酷な仕事が嫌になり、シンガポールに渡り、プライベートバンカーになって、退屈なお金持ちの、お世話をしてる様子や、金に目がくらんで、人殺しをした、同僚の、悲しい、実話を思い出しますが、、、。

 

この小さな製薬会社は、原価よりはるかに安い価格で薬を売って、赤字でも、

プライベートバンクの口座に26日間お金を眠らせれば、しっかり、利益を上げられ、きちんと、キャッシュフローが出来ていて、

そして、貧しい人にも、貢献しているんだろうと、想像しました。

 

すごい話です。

 

 

私とは、全く縁なのない、ことだけど、

こういう、話は、

前向きに、頑張らろう❗️

と、言う気持ちに、させてくれます。

 

 

また、FACT FULNESSの著者、ハンスさんは、

心配すべき、5つのグローバルなリスクに、

【世界的な感染症】を上げてました。

世界中で、

5000万人が亡くなった、スペイン風や、

新型インフルエンザなどの、【飛沫感染】の恐ろしさについて、書いてありました。

感染力が、強く、どんな、対策も効かないウィルスからあらゆる手で、自分たちをまもることは、当たり前だが、重要だと、書かれていました。

 

ハンスさんが 言ってた、グローバルリスクが、現実になってしまいました。

コロナが、世界中を、襲っています。

 

ハンスさんは、今、コロナにどう対応してるだろう?

また、ハンスさんの本が読みたいと、思っていましたが、

ハンスさんは、2017年に他界してました。

 

 

残念です。

 

 今年は、コロナで、制限があったり、思うようにいかない、1年でした。

普通に、生活が出来ることが、どれだけ、幸せかと、改めて、思いました。

ですが、今までにない、経験が、できました。

 

 

来年は、どんな年になるか、

コロナが収束して、オリンピックが開催できますように、、、。

 

 

🌺出来事145 花粉症と、コロナ対策

 

 

先日、クリスマス 気分だけでもと、

イチゴのショートケーキ🍰を 食べたところ、

口の中から喉、鼻にかけて、痛くなりました。

 

 

痛い原因は、イチゴです。

ハンノキ花粉症が、始まったかもしれません。😓

 

ハンノキ花粉症は、あまり、知られていないようですが、

 

私にとって、スギ花粉より、厄介な、花粉です。

 

ハンノキ花粉は、通常、1月上旬から飛び始めて、この時期に ハンノキ花粉症の人が、

イチゴ、りんご、もも、トマト、キュウイ、大豆、じゃがいも、人参など、ハンノキと同じような成分を含む食物を食べると、口の中が、痛くなったり、熱がでたり、症状が、悪化します。

 

私は、このハンノキ花粉の時期になると、口の中から喉、鼻にかけて、痛くなります。それから、白目の血管が 切れたりもします。以前は、熱もでました。特大のくしゃみや、鼻水もでます。

 

対処 できるようになったのか、年齢とともに、アレルギー反応が、鈍くなってるのか、わかりませんが、

症状は、大分 ラクに、なりました。

とはいえ、この時期は、体調が、優れず、つらい時期です。

 

 

毎年、花粉の時期は、窓は、開けませんでしたが、今年は、コロナで、換気をしないわけに、いきません。

 

 

なので、

花粉の症状が出る前に、早めに、対策をはじめています。

 

 

 

花粉 と、コロナ対策のために

これらを 買いました〜。

f:id:diving11874tan:20201227114353j:image

◯網戸に貼る花粉のフィルター

◯花粉キャッチカーテン

◯花粉症の薬、クラリチン

 

 

この、花粉フィルターは、窓から進入する花粉を96.8% 防げるそうです。

f:id:diving11874tan:20201227112804j:image

 

 

箱の中は、フィルターと、粘着力がよくて、綺麗に剥がせる、両面テープが、入ってます。

f:id:diving11874tan:20201227183316j:image

 

 

 

f:id:diving11874tan:20201227183359j:image

網戸に貼ると、こんな感じです。

ぱっと見、障子のようで、明るくて、違和感は、ないです。

 

 

 

網戸に花粉フィルターを付けた

窓に、

ニトリの花粉キャッチカーテンを付けます。

 

ニトリ、久しぶりに行きました。やっぱり、楽しいです。☺︎)

 

f:id:diving11874tan:20201227112809j:image

 

f:id:diving11874tan:20201227112815j:image

縫い方に、花粉をキャッチする秘密があるそうです。

洗濯機で100回洗っても、花粉を吸着する効果は、充分あるそうです。

 

 

網戸に花粉フィルターを付けて、窓に花粉キャッチカーテンを付ければ、

これで、窓を開けて換気をしても、花粉の進入は、防げるはずです‼︎。

 

 

そして、花粉症の薬、クラリチンを 包丁で3分の1に割って、夜1回、飲んでいます。

今年は、早めに飲みはじめています。

私の場合、薬は、3分の1でも、結構、効いてくれます。

クラリチンは、以前は、病院へ、行かないと、出して 貰えませんでしたが、今は、薬局で、買えるようになりました。

コロナの中、病院へ、行かなくてすむのは、たすかります。

 

f:id:diving11874tan:20201227112820j:image

 

 

 

それから、加湿器です。

アイリスオオヤマの加湿器です。沸騰した蒸気を出すので、衛生的で良いとの、うわさを聞いて、使っています。

 

f:id:diving11874tan:20201227184428j:image

 

これで、花粉と、コロナを乗り切れるはず?かな?

 

133話 ⭐️ 学校では、教えくれない世界の教養

 

 

私は、投資信託を、コツコツ買っています。

 

投資信託は、

日本にいながら、

世界中の株式、不動産、債券、原油など、、

世界中の商品に、投資ができます。

 

私も、世界中に、細々と投資をしてます。

 

世界に投資をしていると、

世界が、良くなっているのか、悪くなっているのか、どう変わっていっているか、気になります。

 

テレビや、WEBで、ニュースをみると、

お金持ちの国と、そうでない国、

お金ちと、貧乏を 分けて、

どんどん差がひらいている。

世界は、どんどん悪くなってると、思うような、悪いニュースばかり、目につきます。

たまに、心癒さるようなことも、みますが、、、。

 

テレビのニュースなどは、

見る人を増やすのが 目的で、

人が興味を引くことや、

印象に残る事柄を 選んで、その部分だけを報道してると聞きます。

本当は、良くなっているのに、たま〜に、悪いことが、あると、 悪い部分だけを 報道してると、聞きます。

 

 

『ニュースは、嘘は、言ってないけれど、これでは、本当の情報は、伝わらない』

と、

以前、マスコミにいて、今は、会社を経営する すごい、社長さんや、今も、テレビで活躍をしている、経済の先生も、セミナーや講演で、おっしゃってました。

 

 

テレビの情報は、前後の流れは、関係なくて、

今、こんなことが、おきていて、みんなが、関心を持って、見てくれるように、マスコミの人達が、彩りをつけてくれている、ぐらいに、見るようにしています。

 

 

世界がどうなっているか、ざっくりでも、本当の情報を知りたいのですが、テレビは、ほとんど、あてにできません。

 

 

気になる 本をみつけました〜。

 

 

f:id:diving11874tan:20201225075250j:image

 

【FACT  FULNESS  ファクトフルネス】

データをもとに世界を正しく見る習慣

学校では教えてくれない世界の教養

 

 

ビルゲイツや、オバマ元大統領が絶賛した本、】という、言葉につられました〜。

 

 

感想は、

       読んで、良かったです。

 

 

想像していた以上に、世界が良い方向に、向かっているのに、驚きました。

 

貧困だった人も、確実に、生活レベルが上がっていってることを知りました。

 

貧乏と、お金持ちは、差が開いている、

貧乏と、お金持ちに分けて、分離していることは、間違えで、

貧乏と、お金持ちの 真ん中には、貧乏と、お金持ちより 遥かに沢山の人がいて、

真ん中の人が 大半をしめています。

 

 

少数の莫大なお金持ちの資産が、

平均資産を

どーん!と押し上げたり、

貧乏ばかりが目立つ 平均は、あてになりません。

 

 

FACT  FULNESSの著者、医師のハンスさんは、

生活レベルを

1、(貧困)

2、(中間レベル)

3、(中間レベル)

4、(お金持ち)

の 4段階に分けて、どう変わっていってるのか、説明してます。

 

f:id:diving11874tan:20201225075314j:image

写真、レベル4、こんな生活?もっと、良いのでは?と、思いましたが、、、。

 

 

貧乏の理由、

貧乏を抜け出すために、

生活レベルを 1段階上げていく、大変さ、

どうやって、生活レベルを上げていってるか、その結果どう変わってきたかなど、書いてありました。

 

そして、貧困 生活レベル1の人も、生活レベル2へ、生活水準は、間違えなく、良くなっていると、わかりました。

大きなバケツを抱えて何キロも、歩いて水汲みに行く、生活から自転車を買って、自転車にタンクを積んで、移動できるようになると、自転車を使えるようになった人は、便利で、水汲みが楽になり、幸せを感じるそうです。

 

 

貧富の差は、どんどん、広がると、言われてます。

もちろん、一握りの大富豪は、更に勢いよく お金持ちになるかも 知れません。

が、

世界中の生活 レベル1の人が、2になり、生活レベル2、3の人達も、速度は、ともあれ、良くなっています。

 

世界の生活レベルは、文化でなく、所得によって、世界中の人が、同じような生活をしています。所得が上がれば、みんな同じように生活レベルが上がります。所得を上げるために、世界中の人が、頑張っています。

 

 

脱線しますが、

生活レベル2で、個人的に とても、ショッキングなことを、知りました。

1本の歯ブラシを子供からお年寄りまで、家族みんなで使っています。

これには、『ぞォーッ!』と、しました。🤢

生活レベル1のように、手や木の枝で、歯を磨いたほうが、まだ、ましと、思いましたが、、、。

 

また、世界は、良くなっているけれど、昔より、今の監視の目が、行き届きすぎているから、悪いところが、目につく、その悪いところを、メディアが、興味を引くように報道しているようです。

 

 

こんな事も、書いてありました。

世界中の 

公に 伝えられてない、知られていない、日本いると、想像も出来ない、

悲惨で、深刻な、事実について、書かれていました。

目前で、報道されている深刻なニュースより

世界中で起きている、悲惨な事実の方が、何百倍も、深刻だけれど、

ニュースで取り上げられている、

つらい人達の立場を考えると、

もっと、深刻な事実や、

こんなに、良くなっているから、この程度で、すんだなどとは、いくら正しいことでも、

言えないと、書かれていました。

 

 

ですが、

 

著者のハンスさんは、その場では、言えなくても、事実は、伝えていかないと、いけなので、

別のところで伝えていくと、言ってます!。

 

 

また、ハンスさんが、貧困なモザンビークで、医師として、働いていた時に、多くの子供の命を助けるために、奮闘しる様子が、書かれてました。

病院だけでは、救える命は、限られている。

貧しい所の病院は、1人だけに、丁寧に、治療は、やって、いられない。

病院に来れずに、死んで行く人が、沢山いる。

病気(子供の命)は、病院に来なくても守れるものばかり。

母親が読み書きが出来て、くすりの名前が読めて、石鹸で、手や体を洗うなど、衛生を整えれば、子供達の死亡率は、減る。

と、ハンスさんは、医師の仕事より、衛生教育を重視し、広めてました。

そんな、ハンスさんを 、患者を見捨てる無責任な医者だと、批判されたり、、、、。

 

ハンスさんの師匠、

看護婦のローズさんのこの言葉が、忘れられません。

【最も、貧しい場所では、全てを完璧にこなすことは、出来ません。何かを完璧にこなそうとすれば、もっと、大事なほかのことが、おごそかになりますよ。】 

 

貧しい場所の事実、残酷すぎます。

 

 

衛生教育が、浸透していくにつれて、

毎年、子供の死亡率が、減ってきました。

 

 

子どもの死亡率が減るにつれて、

出産人数も、減り、子どもを少なく産んで、

しっかり、教育をさせていく方向に、世界中が、向かっています。

(もちろん、生活レベルや、速さは、違いますが、、、。)

 

 

f:id:diving11874tan:20201225075335j:image

 

 

世界中で、人口が最も多いのは、アジアです。

アメリカの人口が、以外に少ないのに、驚きました。

(上、写真 地図と人参照)

世界中の人口は、このままで、 増えも、減りもしないか、

もし、増えるとすれば、アジアとアフリカが、増えるかも、知れないと予想されています。

 

人口の多い、アジアで、

どんどん生活レベルが、上がっていってる、(上、写真 積み上げたブロック参照)

とすれば、アジアで、沢山の物が、売れて、

経済が活気ずいていく、

アジアに投資をしないと、機会を逃すかもしれない、と連想させられる様子が、さらっと触れられてました。

中国、インド、ベトナムバングラデシュなどが、パラパラと、ちょっとずつ、書かれていました。

 

投資される側も、世界中の、信用を得て、安心して、投資をしてもらえるよう、投資にふさわしい国づくりの計画に 知恵を絞っているそうです。

 

他の、内容と、比べると、短くて、さらっと書かれてましたが、アジアについて、

私は、すごい、情報を知れたと、大満足しました。

 

 

FACT  FULNESSの

特に関心を持った、一部分を 自分なりに、書いてみましたが、

(私なりに、解釈したので、間違えもあるかもしれませんが、、。)

 

他にも、恐怖、思い込み、危険のちがい、などなど、それから、人間の本能について、興味深いことが、満載でした。

 

 

2020年、あと少し、素敵な本に出会えました〜。

 

132話 ⭐️ 株式水面下のささやきは?

 

 

12月も、半分が過ぎて、

今年も、終わりに近づいてきました。

 

コロナ渦の中、株価は、急下落をしましたが、持ち返してきました〜。

 

今年の株式と債券を振り返ると、

株式は、世界的に強含みとささやかれているようです。


債券の利回りはコロナ、以前から
世界的に 低金利政策によって、低い利回りでした。

世界中を、コロナが猛威を奮うと、安全な債券買いが強くなり、更に債券の利回りは急落しました。

(利回りの低下は現在は、留まってるようですが、、、。)

 

現在のアメリカ10年債の利回りは1%弱です。
戻し基調には、あるようですが、

 

コロナ渦の中、これ以上の 何か、大きな、リスクが無い限り、債券買いが、低いとすれば、、一旦、債券に向かった資金は、
株式に向かって行くと、考えられます。


そう考えると
今はコロナリスクで投資が難しいと、考えがちな、現状ですが、

(個人的に、そうは、思いませんが、、、。)

その水面下では、

債券から、株式へ大きく転換するのでは?

グレートローテーションが始まっている
のかも知れない?

 

と静かに、ささやかれているようですが、、、。


来年は、どうなるか?

 

コロナが収束しますように、、、。

 

f:id:diving11874tan:20201218123455j:image